日記

「丁寧」ということ

2016/12/17

アロマヒーリングの施術は、「お客様の身体を丁寧に愛していく」ということを意識しています。

世の中で、丁寧さというものが失われてしまっています。サロンや整体院、治療院が数多く存在しますが、丁寧な施術というものが、少なくなってきている気がします。仕事が作業になってしまい、人が物扱いされています。

「育む」ということは、根気が必要です。子育てにしてもそうですし、農作物を育てるのもそうです。常に関心を持ちながら、丁寧に、丁寧に接していくことが求められます。

何事も急ぎすぎて、合理的に考えすぎて、目先の欲求をかなえることに目が行き過ぎて、全てにおいて、丁寧さが失われてしまいました。スローライフやスローセックスが脚光をあびるのは、現代の急ぎすぎ現象に対する反発なのでしょう。

スローセックスを唱えた、アダム徳永という人に対しては、共感できるところは多くあります。また、多くの人々を啓蒙したという業績は、高く評価しています。しかし、セックスはマニュアル化したり、教えるものではないと考えています。どういう訳か、リンパを流すラインと、性感帯が重なってしまうのですが、本来、愛し合う男女が、お互いの体を丁寧に愛し合えば、リンパの流れがよくなるはずです。そうすると、リンパマッサージもあえて必要ないのかもしれません。

今まで手作業でやっていた自然農も、手を痛めたため、見直しを迫られています。とりあえず来年1年間は、お米を作らず、いろいろ実験したり、準備していく予定です。

-日記