サロン 日記

やさしさ

アロマヒーリング富山という名前でサロンを始めて、もうすぐ1年になります。想定外のことも多く、お客様と共に作り上げてきたという感覚があります。メニューや施術の仕方、集客方法やサービスのあり方など、検討しなければならない課題は山積みです。

男性セラピストのメリットとして、大きな手と力強い圧を上げている方が多くいらっしゃいますし、私もそのイメージを崩したくなかったため、そのような内容をHPに書いたりしています。動画のテロップにも同じ理由で、強い圧で脂肪をモミ砕くという過激な表現を入れてあります。

実際の私の手は小さく、圧はそれ程強くありませんが、とても気持ちいいと評判です。これは、おそらく天賦のもので、生まれつき備わったものであると思います。マッサージ慣れをされている方の身体に触れると、表面はとても柔らかいのですが、筋肉がとても硬い方が多いです。本来身体はやさしく触れられることを求めています。ソフトタッチの方が、エネルギーが発生しやすいというのが実感です。しかもそのエネルギーは身体の奥底にまで浸透していきます。身体はやさしさを求めているようです。強い圧をかけ続けると、身体は防御反応として、固まります。痩身目的でない限り、ソフトタッチの施術がいいように思います。そういうことも含めて、施術内容も再構築していこうと考えています。

私の気のせいかもしれませんが、世の中にやさしさが段々と減って来ているように感じます。まず自分の身体にやさしく接してみることをお勧めします。軽く指先でポンポンポンと頬を叩き続けると、やさしさがあふれるエネルギーの場が出来てきます。時間の感覚を忘れてそのことに没頭しないと難しいのかもしれませんが、暖かくやさしい感覚を多くの人が取り戻せば、もっと世の中は暮らしやすくなるのではないでしょうか。

 

-サロン, 日記