サロン 日記

生まれてきてよかったね

昨日は父の命日、4月2日は母の命日でした。

父も母も怨み深い人生を送っていましたが、自宅での看護ケアを通して「生まれてきてよかった」と何度も何度もつぶやきながら、苦しむことなく、植物が自然に枯れるように、静かに息をひきとりました。

今の季節を迎えると、いつもその時のことが思い出されます。

自分を含め、私の周りには、「なんで生まれてきたんだ」と嘆く人間が多くいます。

社会に適合しようとすればするほど葛藤します。

今までの時代は、自分を押し殺して、世の中に合わせることで生きていくしかなかったのかもしれません。

しかし、今は自らの選択で、既成の社会的枠組みから離脱し、別次元で生きていくことも可能な時代になったのではないかと実感しています。

当サロンにいらっしゃる方は、純粋な魂をお持ちになった方が多いように見受けられます。

葛藤の多い苦しい現実から何とか立ちあがろうとしていらっしゃる方もいらっしゃいます。

当サロンでは、そういう方々に「生まれてきてよかった」と身体全体で感じていただける施術をすることを目指しています。

施術のやり方はまだまだ発展途上です。今後も試行錯誤を繰り返しながら、より満足していただけるように研究し、探究し続けていきます。

 

当サロンは「生まれてきてよかった」という母の言葉から始まりました。

「生まれてきてよかった」と思えることで、人生が完結するように思います。

矛盾の多い世の中であったとしても、つらいことが沢山あったとしても、別次元で生きることが出来る時代がようやく到来したような気がします。

私の施術を受けていただき、1人でも多くの方に「生まれてきてよかった」と思っていただけたなら、私にとっても、これほど嬉しいことはありません。

 

 

 

-サロン, 日記