オイルトリートメント 日記

基本に帰る

2018/05/12

私の受講生で、セラピストとしてやっている方が東京からいらっしゃいましたので、GW中講習を行いました。施術を受けることがメインの目的でしたが、せっかくいらっしゃったので、上級テクニックの講習などもやってあげていました。チェックのため、私をモデルにトリートメントをやっていただいたのですが、全然気持ちよくありません。そこで、基本技をやって下さいとお願いすると、全部忘れてしまったとおっしゃり、すごくショックを受けました。

私は基本的に弟子はとらないのですが、頼まれれば1時間5000円で基礎的な手技をお教えしています。約20時間で、一通りお教えできますので、10万円位の低コストでプロの技術を身につけることができます。私の教えているのは、スウェディッシュMassageのエキス中のエキスであり、ここを外してはオイルトリートメントが成り立たない部分です。この基本を繰り返し繰り返し練習して、無意識レベルでも出来るようになっていれば、充分にプロとして通用する技術です。そこを無視して、いくら応用技をやったとしても、あまり意味がありません。

ブログなどで、マニュアルはいらないと書いたこともありますが、マニュアルに当てはまらないケースが多いことと、知識がいくらあっても現場でしか分からない部分があるため、そのように言っているのであって、知識が不要とか、基本は無視していいとかという話しではありません。逆に行き詰ったときは基本に帰ることで、何とか乗り越えることが出来るのです。

かつてブログでアダム徳永氏のスローS○Xについて、S○Xをマニュアル化することに異議を唱えたのですが、お客様のお悩みなどを聞いていると、人間の身体や性に関する基本の知識をほとんどの方が持ちあわせていないことを知り、最低限の基礎知識をえるためにはマニュアルは有効ではないかと思うようになりました。愛があれば気持ちいいなどというのは幻想でしかありません。愛があることは理想かもしれませんが、愛があっても、知識と技術がなければ相手を気持ち良くさせることは出来ません(探究心が旺盛な方は別です)。逆に、愛がなくても、知識とテクニックを持ち合わせていれば、気持ちよくさせることは出来るのです。「愛があれば気持ちがいい」と定義してしまうと、気持ち良くなれなかった場合、愛がない、愛されてないと思い込んで、却って愛が冷めてしまい、関係性が崩れてしまうケースが多いのです。愛があっても探究心がなければ、時間をかけて検証していくという努力はできないと思います。

教えられなくても分かってしまう天才型の方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、そのようにはなりません。基礎的な知識と技術、地道な努力と経験を積み重ねて、いろんなことが出来るようになるのです。何か壁にぶち当たったり、行き詰ったりした時は、基本に帰ることをお勧めします。

 

-オイルトリートメント, 日記