オイルトリートメント サロン ディープリンパ

ナチュラルオイルトリートメント

今までのディープリンパは、意識の圧がかなり強い施術でした。女性性の解放、男性性の解放、あるいは肉体の解放というテーマを内に込めていましたので、愛する、思いやる、受容する、苦痛を取り除くという人間対人間レベルの施術でした。これらのテーマは、一応完結しました。性別を超越し、人間的配慮も不要な、もっと違う次元の施術を求められているように感じています。自然の中で癒されている感覚の、人為的なものを排除した、意識圧の全くかからない低刺激のナチュラルなオイルトリートメント、これを仮にナチュラルオイルトリートメント(又はディープオイル)と名付けることにします。メニュー名自体を変えるのかどうかは今後様子をみて考えていきます。急に何か変わるわけではありませんが、どういうものになっていくのか楽しみです。おそらく技術的なものよりも、意識の持ち方の方が重要になってくるのでしょう。自然な形で、時間をかけてナチュラルオイルトリートメントというものを育てていきたく思っています。丁寧に大切に扱うこと、包み込むという基本的なことは、従来のディープリンパから引き継いでいきます。

東京にいた時、4年間ほどハイヤー乗務員を経験しました。一流企業の役員や有名芸能人等超VIP専属運転手なのですが、空気のような存在になれとよく言われました。自分を主張することなく、自分の気配を消して、動くオフィス空間を作れというわけです。自分の気を消すということは、初めは中々分かりませんでしたが、その感覚がつかめるようになると、いい仕事がどんどんやってくるようになりました。

人間は人の気配や意思を感じるだけで、緊張するものなのです。そういうものを一切排除した、ナチュラルオイルトリートメントは究極のリラクゼーションになることでしょう。

私は、人間としてやるべきことをやり、学ぶべきことは全て学びましたので、そろそろ人間を卒業したくなりました。死を願っているという意味ではなく、肉体の寿命が来るまでは自分の肉体とはお付き合いしますが、意識の上では、もう人間ではなく、別次元で生きていくということです。空気のような存在として、皆様に寄り添いながら、見守っていきたく思います。特殊な考え方かもしれませんが、共鳴して下さる方がいるかもしれないことを何となく感じていますし、わずかながら期待はしています。私自身は癒しも治療も人助けもしませんが、皆様自身の力で、自然に癒されるし、自然に治っていくということが、これから起こってくることでしょう。関心のある方はぜひご来店ください。

-オイルトリートメント, サロン, ディープリンパ