オイルトリートメント サロン 日記

自分を大切にする 2

2017/06/08

以前「自分を大切にする」というブログで、サロンに来て自分を大切にして欲しいと言う趣旨のことを書きましたが、その思いは、日に日に強まっていくのを感じています。

今の社会の仕組み自体が、人間の意識が外へ外へと向かって行くように誘導しています。それが、国際情勢だったり、政治だったりした場合は、「あの人は意識が高い」といい、ゲームや娯楽だったら「意識が低い」と言ったりしていますが、どちらも自分とは直接的に関係のない外の世界に意識を持っていっているにすぎないのです。自分の周りの整理整頓をきちんとすること、自分の健康状態を管理すること、自分は何のために生まれてきたのかを考えること、自分の周りの人を大切にすることの方が、よっぽど大切なことであって、自分から遠いところへと意識を持っていこうとすればするほど、観念的になり、言葉が記号化され、情報に振り回されることになるのです。世のため人のためといっても、自分の健康管理もできず、自分の存在意義も分からず、自分のことが全くできていない状態では、人に使われることはあっても、本当の意味での人のためにはなっていないのです。

自分の目で見える範囲のことをまずきちんとやっていきませんか。サロンに来て施術を受けることは、多くの気づきを与えてくれると同時に身体の変化をもたらしてくれます。自分を大切にするということがどういうことかということを理解するのに、最も最短の方法であると私は確信しています。施術料金が高いとか時間がないとか言っていても、ストレスを抱えて病気になって、入院したりしたならば、それの何倍ものお金と時間が飛んで行くのです。オイルマッサージの優れているところは、皮膚感覚で自分というものを認識できることです。人に触れてもらうことで、自分というものが分かってきます。触れることでエネルギーが生まれてくるのです。身体を癒すことで、心因性の病も癒されていきます。親が悪い、他人が悪い、社会が悪いといくら叫んだとしても、自分の中の問題は自分の問題であって、自分以外に誰も責任を持ってくれないのです。過去のトラウマと言っても、自分の中では持続している時間であり、過去も未来も今の中にしかないということが分かれば、一瞬で解決できるということも分かってきます。訓練を受けたセラピストは、相手との接触によって、相手の情報を読み取ることができます。意識上に上がらない場合でも、身体は必要な動きをしてくれますので、お客様の全てを受容し解放することが可能なのです。

自分を大切にするということが悪いことではないかと思われている方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際は、自分を大切にし、自分を満たし続けることでしか世界は変わらないのです。皆さんが世界と認識されている「世界」は、他人の目から見た世界なのです。本当は、自分の目を通して認識している意識そのものが、本当の世界であるということに気づいたならば、自分を満たすこと、自分を大切にすることの本当の意味が分かってきます。

自分を大切にすること、自分を満たしてあげることは、如何なる社会的働きかけ以上に、世界を変える力をもっていることを、あなたの身体はもう知っています。このブログを読んでいるということは、そういうことなのです。

-オイルトリートメント, サロン, 日記